こちらは世界観共有創作企画【西京Project】から派生した企画内企画、【ローマ神権主義連邦(StigmataPROJECT)】についてまとめたwikiです

概要

このページでは、オメルタ土地内で出てくる施設などの専門用語を解説したページとなります。
基本的には建物や物品、職業の説明になりますが、歴史的な専門用語もこちらに記載予定。



施設類

紛争地域/観光地域検問所【カストラ】

オメルタ王国の資金にもなりえる観光地として売り出されている北の観光地域と、マフィアをはじめとした無法都市である南の紛争地域を隔て、隔離する巨大な壁の砦。
行き来するための出入り口は複数あり、その全てに「百人隊」の警備が敷かれています。
紛争地域から観光地域に向かうもの、または観光地域から犯罪による刑罰以外で紛争地域に向かうものは国家マフィア「黙示録」が許可を出しており、特別な「パスポート」を発行されます。
パスポートを奪われ、姿かたちを偽っての入国を阻止する目的から、パスポートには決まった形がなく、人によって様々です。
そのため検問をするための専用職業「門番(クスターデ)」が入り口ごとに数人配置されています。


物品

紛争地域/観光地域交通専用特別パスポート【血の証】

紛争地域/観光地域検問所「カストラ」の検問を抜け、「紛争地域」と「観光地域」を行き来する際に必要な特別パスポート。
パスポートと名をうってはいるが、実際のところ決まった形をしているわけではなく、ライターや手帳などの小物から、グラスや鏡などをパスポートとして形とっている場合が多いです。
基本的に一人につき二対で一つのパスポートを発行しており、一つは通行者に、一つは組織で管理する仕組みになっています。
許可は基本的には黙示録の幹部やオメルタ国王、王族関係者、その他下位組織のトップの許可書を持ってくることで発行できるほか、一般市民でも自己責任といった形でとても多い書類に全て同意することで発行してもらえる。
発行は検問官組織「カステッルム(小さな砦)」に所属する「職人(アルティジャーノ)」にて作られます。

機械類について

オメルタは悪魔(天照でいう妖怪)が非常に多く存在しており、機械と非常に相性が悪いです。
そのため、機械の発展具合ではいえば天照と同等程度、または裏社会から密輸入した「悪魔に害がない宇宙の技術で作られたもの」が存在します。
ただし後者は非常に手に入りずらく、手に入れたとしても宇宙の技術を整備できる技術者がほとんど存在していないため、非常に高価なもので普及はしていません。
ただし、通信機器のみに関しては悪魔と相性が悪いにも関わらず、最新機器をトメニアなどを始めとした技術力のある国から輸入していることが多いです。


歴史的用語

後日記載


その他

特別共闘令

オメルタ王国には外国による侵略、大型生物災害の脅威を護るための軍が存在しません。
しかし、非常に強力な戦闘力や軍事兵器等を隠し持つマフィアが点々と存在している為、有事の際はその組織達に当たらせることが多いです。
その際、国王から「協力しなければ全てが死に絶える脅威」の存在が確認され次第、発令される「同盟を組めという国王命令」がこの「特別共闘令」となります。
この令が発信された場合、抗争中のマフィアは即座に抗争中止、和平交渉に入り、必要であれば国家マフィアである黙示録から補填や特別褒賞が渡されることもあります。
たまにこの令の意味をわかっていない新規マフィアが命令を無視することもありますが、
それらのマフィアは即座に事情を把握しているマフィアによって勢力を削られたり、下手をすると黙示録の制裁が入ることで組織が壊滅することもあります。

放送ナンバー666

軍が存在しないため、オメルタに存在するマフィアをはじめとした戦闘組織が「特別共闘令」などを理由に共闘・軍整備をする際に使用される特別放送局の番号。
この番号で放送されることは非常に機密性の高い情報の為、オメルタ国民向けに暗号化されており、時折子供の絵本のような文章が流れることも多い。
内容としてはかつて他国で起こった「国家滅亡の可能性がある大災害」や「謎の生物飛来」などの情報発令やそれに関する命令が放送されている。
この放送を聞くため、悪魔とは相性の悪い通信機器類を使用する組織が多いです。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 メンバー のみがコメント投稿可能な設定になっています。

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます