こちらは世界観共有創作企画【西京Project】から派生した企画内企画、【ローマ神権主義連邦(StigmataPROJECT)】についてまとめたwikiです

ヴァチカン

シンボルカラーは純白と黄金。
正式名称をローマ神権主義連邦ヴァチカン司教国
国主は教皇。宗教国家であり「聖痕教」信仰の総本山。
教皇による独裁政治が行われており、国民は神への信仰と品行方正な生活を強いられています。
信仰心無き者、規律に厳しい国の在り方に不満を持つ者は秘密裏に粛清される、聖人の為のディストピアです。
敬虔な信徒として慎ましく暮らしている内は、教皇の庇護の下幸福に生涯を終えることができます。

首都ローマの近辺になるにつれ教皇の「私兵」が至る所で監視を行なっており、
罪人は発見次第首都に連行され、教皇直々に粛清を執行します。
粛清された罪人は「私兵」となり、王の下で職務に従事することで罪の精算を行なっているとされています。

また悪魔に関しては「堕落の象徴」として「存在するだけで重罪である」という扱いをしており、
ローマ連邦内で最も悪魔に厳しい国でもあります。

正式な軍隊は所有しておりませんが、
教皇私兵とは別に聖痕者で構成された武装祓魔師(エクソシスト)部隊「熾天の天秤」が存在しており、
ヴァチカンの聖痕者は概ねこの部隊に配属されるようです。


1998年に先代の教皇が「神」の降臨を達成しかけており、
その影響でサルデーニャ島は壊滅、現在は立ち入り禁止区域となっています。
またこの件を発端にヴァチカンは周辺諸国に警戒されています。



コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 メンバー のみがコメント投稿可能な設定になっています。

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます