こちらは世界観共有創作企画【西京Project】から派生した企画内企画、【ローマ神権主義連邦(StigmataPROJECT)】についてまとめたwikiです

概要

このページでは、オメルタ土地内で出てくる施設などの専門用語を解説したページとなります。
基本的には建物や物品、職業の説明になりますが、歴史的な専門用語もこちらに記載予定。



施設類

紛争地域/観光地域検問所【カストラ】

オメルタ王国の資金にもなりえる観光地として売り出されている北の観光地域と、マフィアをはじめとした無法都市である南の紛争地域を隔て、隔離する巨大な壁の砦。
行き来するための出入り口は複数あり、その全てに「百人隊」の警備が敷かれています。
紛争地域から観光地域に向かうもの、または観光地域から犯罪による刑罰以外で紛争地域に向かうものは国家マフィア「黙示録」が許可を出しており、特別な「パスポート」を発行されます。
パスポートを奪われ、姿かたちを偽っての入国を阻止する目的から、パスポートには決まった形がなく、人によって様々です。
そのため検問をするための専用職業「門番(クスターデ)」が入り口ごとに数人配置されています。


物品

紛争地域/観光地域交通専用特別パスポート【血の証】

紛争地域/観光地域検問所「カストラ」の検問を抜け、「紛争地域」と「観光地域」を行き来する際に必要な特別パスポート。
パスポートと名をうってはいるが、実際のところ決まった形をしているわけではなく、ライターや手帳などの小物から、グラスや鏡などをパスポートとして形とっている場合が多いです。
基本的に一人につき二対で一つのパスポートを発行しており、一つは通行者に、一つは組織で管理する仕組みになっています。
許可は基本的には黙示録の幹部やオメルタ国王、王族関係者、その他下位組織のトップの許可書を持ってくることで発行できるほか、一般市民でも自己責任といった形でとても多い書類に全て同意することで発行してもらえる。
発行は検問官組織「カステッルム(小さな砦)」に所属する「職人(アルティジャーノ)」にて作られます。


歴史的用語

後日記載

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 メンバー のみがコメント投稿可能な設定になっています。

メンバーのみ編集できます