こちらは世界観共有創作企画【西京Project】から派生した企画内企画、【ローマ神権主義連邦(StigmataPROJECT)】についてまとめたwikiです

オメルタの土地概要

地図

オメルタは他国の観光客が訪れたり一般市民が平和に過ごすことのできる【観光地帯】と、犯罪はびこりマフィア同士が戦争を起こしている【紛争地帯】と分かれています。
観光地帯の中には満潮の状態や天候が条件となり、中々見ることのできない美しい青色の洞窟「蒼の洞窟」や大聖堂、古代都市の遺跡など、非常に見どころが多いです。
一方紛争地帯にひとたび踏み入れると無法地帯であるがゆえに売春や闇オークション、違法な薬物の売買など、非常にただれた光景が広がっています。
観光地帯と紛争地帯には警備隊による境界線がしかれており、観光客が紛争地帯に入らないように、逆に犯罪者が観光地帯で暴れないようにするために非常に厳しい警備が敷かれてます。
そのため、無法地帯がありながら、国として成り立つことができています。
なお、本来のイタリアの数ある州のうち、4つの州に対応しています

種族について

基本的には多種多様な人種を受け入れている為、全ての種族がそろっているでしょう。
しかし、ベファーラやヴァチカンから亡命してくる世界一般で言う妖怪にあたる悪魔(デーモン)と呼ばれる種族が多数いるため、結果的に悪魔(妖怪)が多い国となっております。
また、オメルタには「堕天者」と呼ばれる、国王の禁術によって聖痕者が変質化した独自の種族がいます。




カンパニア州

ナポリ

オメルタの表向きの首都。
オメルタの観光地域にてもっとも栄えている、小さくも繁栄した大都市。
ナポリに入るカプリ島に存在する「蒼の洞窟」は自然の美しさを最大限表現した小さくも美しい青色の光に照らされており、
ナポリでもっとも人気を争う観光地として有名である。

アヴェッリーノ

後日記載

カゼルタ

後日記載

サレルノ

後日記載

ベネヴェント

後日記載


バジリカータ州

ポテンツァ

マテーラ県と一緒に、紛争地域の入り口であるコゼンツァに隣接した都市。
観光地域であるが、紛争地域への入り口である「紛争地域検問所」が存在している為か、観光客を止めているホテルはポテンツァの北半分にしかたっていない。
基本的には「百人隊」に所属しているものたちの自宅や、「百人隊」所属者や紛争地域から許可をもらってやってくるマフィアたちの御用達店となっている。

マテーラ

後日記載


カラブリア州

ヴィボ・ヴァレンツィア県

後日記載

カタンザーロ

後日記載

クロトーネ

後日記載

コゼンツァ

後日記載

レッジョ・カラブリア

後日記載


シチリア州

パレルモ

オメルタの本当の首都。
オメルタ国王が住まうオメルタ城がエンナ・カルタニッセッタ・パレルモの三都市の中心点に存在しており、公的にはパレルモにあるとされている。
紛争地帯の中でもっとも栄えており、様々な店があるとされている。
高級カジノや闇オークションの会場として選ばれることが多々ある。

エンナ

オメルタの第二都市。
オメルタ城下町のある高級住宅街エリア。
オメルタ国王が住まうオメルタ城がエンナ・カルタニッセッタ・パレルモの三都市の中心点に存在しており、公的にはパレルモにあるとされている。
内陸のため攻められにくく、黙示録をはじめとした組織にて一定地位を築き上げた者などはここに住まうことを許されている。
警備も非常に厳しく、侵入者はむごたらしい拷問にあうと噂されている。

カルタニッセッタ

オメルタの第三都市。
オメルタ国王が住まうオメルタ城がエンナ・カルタニッセッタ・パレルモの三都市の中心点に存在しており、公的にはパレルモにあるとされている。

アグリジェント

後日記載

カターニア

後日記載

シラクーザ

後日記載

トラーパニ

後日記載

メッシーナ

後日記載

ラグーザ

後日記載

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 メンバー のみがコメント投稿可能な設定になっています。

メンバーのみ編集できます